Morning Breeze

美容と健康、ニューヨークの情報、気になる情報を発信していきます!

大阪なおみが準決勝をボイコット。私の試合を観戦するよりもやるべきことがある。

 

f:id:GSNYC:20200827155442j:plain

Black Lives Matter

 

US オープンに備えた大会として、8月22日からWestern and Southern Openが行われています。

 

例年ですと、オハイオ州シンシナティで開催されますが、新型コロナの影響で、今年は、US オープンの試合会場であるニューヨーク市のビリージーン・キング・ナショナル・テニス・センターに移りました。

 

日本代表で、現在世界ランキングNo10の大阪なおみさん(第4シード)は、初戦から自信に満ちた試合展開をみせてくれ、順調に勝ち進んでいます。

 

明日8月27日木曜日に、準決勝で、第14シードのElise Mertens選手と対戦する予定でした。

 

ところが、ツイッターで、突然、準決勝をボイコットすると発表。

 

その理由は、米国での白人警察官の黒人への暴力に抗議するため。

 

8月23日日曜日に、ウィスコンシン州ケノシャ市で、ジェイカブ・ブレイクという黒人男性(29歳)が、3人の子供が乗っている自分のSUVに近づいたところ、警察官に7発銃撃されました。背中に7発の弾丸を受けたにもかかわらず命に別状はないけれど、腰から下が麻痺。奇跡でも起こらない限り、歩くことはできないとのことです。

 

このことに抗議し、全米で抗議デモが行われています。

 

大阪選手は、アメリカの黒人に対する警察の暴力が立て続けに起こっていることに抗議して、水曜日に試合をボイコットしたNBA(全米プロバスケットボール協会)、WNBA(全米女子プロバスケットボール協会)、MLB (メジャー・リーグ・ベースボール )およびMLS(メジャー・リーグ・サッカー)の選手とともに準決勝をボイコットすることを決めたようです。

 

大阪選手は、「私は、スポーツ選手である以前に、黒人女性。」と言っています。

 

そして、「私の試合を見るよりも、今すぐにやるべき重要なことがある。私が試合をしなくても大きな問題は起こらないけれど、ほとんどの選手が白人であるテニスの世界で、問題提起をすることで一歩前進する気がする。」としています。

 

バスケットボール・チームのミルウォーキー・バックスは、水曜日のオーランド・マジックとのプレーオフ・ゲームをボイコットした最初のスポーツ・チーム。

 

バックスの行動にともない、NBAは、ヒューストン・ロケッツオクラホマ・シティサンダー戦、ロサンゼルス・レイカーズポートランド・トレイルブレーザーズ戦も延期すると発表しました。

 

これに続き、WNBAMLBMLSの選手達も予定されていた試合を相次いでボイコットしました。

 

大阪選手は、これまでにも、人種差別や暴力に関して積極的に発言をしています。

 

今回も、繰り返し起こる警察官の黒人への暴力に怒りを感じ、頻繁に「Black Lives Matter」が話題になるのに、状況が全く改善されていないのにうんざりしてしています。

 

大阪選手が準決勝をボイコットすると発表したことに対応して、Western and Sourthern Openのオーガナイザーは、木曜日の試合はすべて中止としました。

 

米国では、ここ数年、人種差別や警察官の黒人への差別的な行為・暴力が目立っています。

 

それにもかかわらず、状況は全く変わっていません。

 

著名なスポーツ選手で、インフルエンサーでもある選手たちが、皆が楽しみにしているスポーツの試合をボイコットすることで、政治家や米国全般に、状況を変える必要があることを強く訴えています。

 

今週は、共和党のナショナル・コンベンションが行われていますが、水曜日の各ニュース局は、スポーツ選手の主張に注目したようです。

 

準決勝をボイコットした聞いたときには、何が起こったのかと驚きましたが、大阪選手をますます応援したくなります。