Morning Breeze

美容と健康、ニューヨークの情報、気になる情報を発信していきます!

新型コロナで、自宅待機が続いたために起きた体への異変

 

f:id:GSNYC:20200819130017j:plain

 

ニューヨークでは、コロナ感染者数が減ったとはいえ、まだまだ油断ができない状態。

 

経済も徐々に再開し、制限はあるものの、テニスコートやゴルフ場も使えるようになりました。

 

鈍っていた体を動かそうと、テニスコートで、ボールを追っかけていると、突然、

 

     「ギク」

 

 

と背中に痛みが。

 

        え!

 

な、な、な、何が起こったの?

 

背中を触ると、腰と背骨が痛い!

 

でも、テニスでケガをした様子ではない。

 

7月初旬にマンション内のジムが再開し、筋トレしたときに、筋肉が落ちているのを感じたけど、そのせいかな?

 

普通の生活では、痛みは感じないけど、以前と比べると体が硬くなっている。

 

前屈運動をしようとしても、90度以上は体が曲がりません。

 

マッサージをしてほぐしてもらいましたが、効果がみられません。

 

これはどうしたことか?

 

コロナ感染者が減少してきたとはいえ、まだまだ油断ができないニューヨークで、病院に行くという選択肢は、今のところありません。

 

そこで、インターネットで検索。

 

「ガチガチの背中、背中が硬い、硬い背中、、、」

 

どうも自宅待機が数か月続き、長時間座っていることが多かったので、お尻や足の筋肉が固まってしまったようです。

 

そのために、背中が硬くなっていたようです。

 

背中が硬いのは、背中の問題だけではないのですね。

 

足腰に柔軟性がなくなってきているのも、原因の一つだそうです。

 

 座り心地の良い椅子に座っていると、体が休まっているように感じるけれど、毎日長時間同じ姿勢でいると体には良くないのですね。

 

特に、エイジング・ボディーには。

 

硬くなった背中をほぐすには、お尻と足の筋肉を柔らかくする必要があるようです。

 

 次回は、硬くなった背中をほぐす運動を紹介したいと思います。