Morning Breeze

美容と健康、ニューヨークの情報、気になる情報を発信していきます!

【ニューヨークのグルメ】人が並ぶお寿司屋さん。寿司ネタもニューヨーク・サイズで大きい。

こんにちは、

 

久々に、ニューヨークのグルメのご紹介です。

 

今回は、お寿司屋さんですが、どちらかというと寿司ネタが大きくてアメリカ人好きのお寿司さんです。

 

ニューヨークのグラマシー・パークという地域の17丁目とアービング通りにあるYAMAというレストランです。

 

ニューヨークの東部を走っているグリーンラインの4、5、6の地下鉄で、ユニオン・スクエアという駅で降り、17th Streetを東に向います。

 

ユニオン・スクエアには出口が沢山ありますが、16th Streetという出口から出ると、1ブロック北へ歩くと17th Streetです。

 

17th Streetの南側の歩道をアービング通り(東側)へ向かって歩くと、右手に122という番号が建物の入り口に見えます。

 

その入り口へは入らずに、入り口への階段を通りすぎると、地下へ降りる階段があります。

 

入り口が道路から数段下がったところにあるので、よく見ながら歩かないと見過ごしてしまうかもしれません。

 

 

f:id:GSNYC:20190801134714p:plain

 

 

ちょっと怪しげな入り口ですよね。

 

夜の方が、ライトで「YAMA」というサインが見やすいかもしれません。

 

中へ入るとお寿司のカウンターと小さなテーブルが30個ぐらいあり、こじんまりとしています。

夕方は5時半から営業していますが、外に人が並ぶほど人気があるようです。

 

 

今日は、Sushi Sashimi for Two (寿司と刺身の2人前セット)とSpecial Rollsを注文しました。

 

f:id:GSNYC:20190801125422p:plain

 


この大きなネタ 見てください。

 

下のご飯が見えないくらいですよね。

 

新鮮で、本当に美味しいお寿司でした。

 

お刺身も一切れが通常の倍の大きさで、しかも新鮮。

 

随分と前ですが、Yamaの創始者の方とお会いする機会があった時に、成功の秘訣をお伺いしたことがあります。

 

アメリカ人を対象に、お寿司屋として成功する為に、わざとネタを大きくしたそうです。

 

また、お店も小さくすることで、人が並ぶようになり、人が並ぶともっと人が来るという相乗効果があったようです。

 

そして、次々と新しいレストランを展開して、多い時には4、5件のレストランをニューヨークで経営されていました。

 

その方は、10年ぐらい前に、全てのレストランを売却して、現在ではリタイアされているとのことです。

 

経営者が変わりましたが、YAMAは、今だに人気があります。

 

 

 

f:id:GSNYC:20190801125440p:plain

 


メニューの中で、アメリカ人に人気があるのが、スペシャル・ロール。

 

約30種類のスペシャル・ロールの中から、今日注文したのは、

 

  • Salmon, Avocado, Cucummber, Flying Fish Roe Roll
  • Jalapeno Crab Crisp Roll
  • Tuna, Yellow Tail, Avocado, Cucumber Roll

 

日本の伝統的な巻き寿司に慣れていると、スペシャル・ロールは邪道という気がしますが、結構美味しいです。

 

久々のお寿司で、あまりに美味しいかったので、二人で全て平らげてしまいました。

 

f:id:GSNYC:20190801141919p:plain

イラストAC


  満足、満足、満足。

 

 

お腹がいっぱいにもかかわらず、ついでにアイスの天ぷらにも手を出してしまいました。

f:id:GSNYC:20190801143453j:plain

 

 

この天ぷらアイスは、ただ天ぷら衣にアイスが包まれているだけでなく、抹茶アイスをスポンジケーキでつつみ、天ぷら粉であげています。

 

そのためか、アイスが熱で溶けていないので、アイスの美味しさも楽しめました。

 

本当に満足です。

 

 

ニューヨークに来られた方は、是非立ち寄ってみてください。

 

住所:122 East 17th Street, New York, NY  10003

電話: (212) 475-0969

 

f:id:GSNYC:20190801132128p:plain

 

 

www.yama-nyc.com