Morning Breeze

美容と健康、ニューヨークの情報、気になる情報を発信していきます!

偶然に昔の知り合いに会うというのは、良い知らせの前兆?

こんにちは。

 

昨日、クローゼットの片付けをすることにしました。

 

以前に、KONMARIさんのことに少し触れましたが、まだ使えそうな服や物を捨てるのはとても勇気がいります。

 

今回は、もったいないと思っても、思い切って、ときめかない服は処分することにしました。

 

f:id:GSNYC:20190618153622j:plain

 

まだまだ、処分できる服はありそうですが、とりあえず、全くときめかない服は、寄付する用のダンボール箱へ。

 

そして、同時に長年箱詰めのままになっていた書類やステーショナリーも処分しようかと箱を開けてみると、

 

懐かしい手帳や住所録(あきらかに、ソーシャル・メディアやスマホが存在する前のものです。)がでてきました。

 

もう何十年も会っていない数名の知り合いの名前に目を通しながら、

 

f:id:GSNYC:20190618153039j:plain

 

「皆、今どうしているかな。」とふと懐かしい気持ちになりました。

 

ただ、今の生活状況では接点がない人達だし、今後私のほうからコンタクトをすることはなさそうなので、住所録は思い切ってすべてゴミ袋行き。

 

ただ、何人かは、Eメールで繋がっているので、必要があればコンタクトはできると少し安心感をもって処分。

 

ということで、昨日のお片付けは終わり。

 

.............

 

ところが、今日の夕方、平日にあまり行かない通りを歩いていると、なんと、なんと、正面から、懐かしいNさんが歩いてくるではないですか。

 

約20年前に知り合い、共通の知り合いもいるけれど、お互いの生活環境が変わったことから、ここ10年ぐらいは、連絡を取り合うこともなくなっていました。

 

別に仲が悪くなったのではなく、ただ、生活環境が変わったり、家庭環境が変わったりとかで、自然に疎遠になってしまったという感じ。

 

久しぶりの偶然の再会にお互いに驚き、うれしくて、30分ぐらい立ち話をしてしまいました。(考えてみると、ここ何年も立ち話なんてしていないですね。)

 

近況報告や共通の友達の話で盛り上がり、10年ぶりにあったとは思えません。

 

それに、なんだかとても和やかな気持ちになりました。

 

昔の友達って、良いですよね。

 

別れたあとに、なんだかとても不思議な気持ちに。

 

これって、昨日片付けをしている最中にに、ふと昔の知り合いのことを考えたことに関連しているのかしら。それとも、単なる偶然なのでしょうか。

 

ちょっと、グッグッてみると、

 

スピリチュアルの観点からみると、


過去の知り合いに偶然会ったりするのは、守護霊が、今の自分を見つめ直すチャンスを与えてくれているんだそうです。

 

また、数年振りに友達との出会いがあった時は良い事が起こる前兆とも考えられているようです。

 

なんだか、ウキウキしてきました。

 

All Coincidences Have Meaning
Nothing Happens by Chance

 

 

すべての出来事は、偶然ではなく、必然的に起こっているってことですね。

 

 スピリチュアルな世界では、潜在意識の根底で、目に見えない力によって、人は繋がっているのが通説だそうです。

 

心理学者のユングが「意味ある偶然の一致(Synchronicity)」という概念で、人間の意識同士は実は、集合的無意識によって、そもそも交流していると提唱しています。

 

そのために、無意識のうちに、考えが伝わっていくのですね。

 

f:id:GSNYC:20190619142511j:plain

 

昨日、私が、「昔の知り合いがどうしているのだろう?」とふと思ったことが、私の潜在意識に何らかの刺激を与えたことによって、その思いがNさんの潜在意識に伝わったのかもしれません。

 

いわゆる、人の引き寄せの法則が働いたのかもしれません。

 

無意識に生活していると、偶然に起こったことに意味があることに気付かないことが多々あります。

 

4,5年前にも、昔の友達と思いもかけない場所(初めて行ったF1レース場で、今後は行く可能性はほとんどなし。)で、15年ぶりぐらいに偶然会いましたが、「あー、懐かしい友達に会った。」ということで、それに意味があるかもなんて、全く考えもしませんでした。

 

偶然の意味を見逃さないためには、自分のマインドやフィーリングにつねに注意を向け、「意味ある偶然の一致」や「引き寄せの法則」を信じることです。

 

信じることによって、偶然起こった出来事の意味やメッセージに気付き、潜在的にポジティブに行動することができ、人生を望む方向へ導くことができます。

 

メッセージに気付かずに、ネガティブな行動をとっていると、起こる可能性のあった良い出来事が通り過ぎてしまうことが多いそうです。

 

今日、昔の知り合いと偶然に会ったことが何か特別な意味があるのかどうかは、まだわかりませんが、ここしばらく迷っていたことを考える方向性を与えてくれたような気がします。

 

数ヶ月後に、報告できる良い知らせがあればと願っています。

 

皆様も、週末のブレイクを利用して、ご自分のマインドやユニバースに耳を傾けてみてはいかがでしょうか。