Morning Breeze

美容と健康、ニューヨークの情報、気になる情報を発信していきます!

スペイン語を楽しく学ぼう。

 こんにちは。

 

最近、スペイン語を習い始めましたので、どのように学んでいるかをご紹介します。

 

f:id:GSNYC:20190509134053j:plain

 

 

といっても、教室に通っているわけでもなければ、教材があるわけでもありません。

 

私の先生は、CVSという薬局で働くメキシコ系アメリカ人の店員さんです。

 

CVSは、「マツモトキヨシ」のように、医薬品以外にも、食品、日用品、雑誌などを販売しているコンビ二のようなお店です。

 

 

f:id:GSNYC:20190509230646j:plain

 

 

 お店にはいると、

 

 

Hola! ¿ Cómo estás usted?  (こんにちは、元気?)

 

Estoy bien, gracias. ¿y usted?  (元気よ。 あなたは?)

 

 

という調子で、簡単な会話を始めます。

 

ニューヨークには、スペイン語を話す人達が、全人口の25%を占めていると言われています。

 

なので、ニューヨークの色々な場所で、スペイン語を話す機会を気軽に見つけることができます。

 

言葉は、記憶するだけではなく、実際に使わないと自分の身になりませんよね。

 

習ったフレーズや単語を繰り返し使うことで、自分の言葉として、様々な場面で応用できるようになります。

 

今のところ、文法は、一切気にしません。

 

と言っても、英語やフランス語を知っていると、語源が似ているので、日本語から習うよりは、文法をあまり意識しなくても、スペイン語を習得しやすいというメリットがあります。

 

発音は、スペイン語も日本語も母音が同じなので、日本語ができるとスペイン語の発音は簡単です。

 

スペイン語は、英語と違って、ローマ字読みでも通じます。

 

とりあえず、使って、慣れることです。

 

例えば、ある商品をスペイン語で何と言ってよいかわからないときには、

 

¿Cómo se dice en español?(これは、スペイン語で何と言うの?)

 

と質問をすると、

 

Pasta de dientes  (歯磨き粉)

 

のように教えてくれます。

 

お客さんが他にいないときには、前回に習った単語やフレーズの復習もしてくれます。

 

本当に親切な店員さんです。

 

お会計をするときに、通常、CVSカードを見せるのですが、私は、カードを紛失してしまったため、登録している電話番号で、私のアカウントにアクセスしてもらいます。

 

アカウントに、買い物履歴が記録され、ディスカウントのクーポンや現金同様のクーポンがたまにもらえるので、記録の登録は重要です。

 

 

¿Cuál es tu número de teléfono? (電話番号は何?)

 

Dos Uno Dos Cinco Nueve Sies OOOO (212-596-OOOO)

 

 

そして、最後に、

 

Hasta pronto (じゃあ、また近いうちに。)

 

Adios (さようなら)

 

 

習った単語やフレーズは、忘れないように、帰宅途中や自宅で復習します(少しだけですが、汗。)

 

時には、インターネットや動画で、他のフレーズを習ったりもしますが、あまり時間はかけません。

 

スペイン語が母国語の友達もいるので、たまに簡単な会話をスペイン語でしたりしますが、まだまだ、私の語彙力が足りないので、友達との会話は英語が主です。そのうちに、スペイン語中心に会話ができるようになりたいですね。

 

あとは、レストランやリーテールのお店で働いているラテン系の人を見かけると、スペイン語で話かけたりしています。

 

今のところ、スペイン語がとくに必要な状況ではありません。

 

でも、新しい言語を習うと、新しい考え方を学ぶことができます

 

言語が作られた背景には、それぞれの異なった文化や歴史があるので、表現の仕方が変わってきますし、視野も広がります。

 

ニューヨークには、スペイン語が練習できる環境があちらこちらにあるので、まあプレッシャーもなく、楽しく学んでいます