Morning Breeze

美容と健康、ニューヨークの情報、気になる情報を発信していきます!

【ニューヨークのグルメ】バッテリー・パークのブルー・スモークでブランチ

 こんにちは。

 

今日のニューヨークは、雨、雨、雨

 

マンハッタンの先っぽの西側にあるバッテリー・パークというエリアにあるブルー・スモークで、ブランチをしました。

 

f:id:GSNYC:20190506080326p:plain

 

2001年9月11日にワールド・トレード・センターが崩壊した後に、ハドソン川沿いのバッテリー・パークの周辺はかなり発展し、今では、マンションやオフィスビル、ショッピングセンター、映画館などで賑わっています。

 

リーガル・シネマという映画館の横に、「ブルー・スモーク」という南部のバーベキューの味が楽しめるニューヨーク市オリジナルのレストランがあります。

 

シェフのJean-Paul Bourgeoisさんは、ルイジアナ州出身で、南部の味をもとにニューヨークの特徴を出すメニューを提供しています。

 

「ブルー・スモーク」は、ニューヨークのJFK空港のターミナル4とメッツのホーム球場である「シティ・フィールド」にも入っているので、姉妹レストランに立ち寄られた方もいるのではないでしょうか。

 

バッテリー・パークの周辺は、金融街でもあるので、平日は、ビジネスマンやビジネスウーマンで混雑していますが、週末は、マンションの住人や観光客で賑わっています。

 

「ブルー・スモーク」も、週末にも関わらず、ブランチの時間帯は、ほぼ全席埋まっていました。家族でブランチを楽しんでいる人達も多かったです。

 

「ブルー・スモーク」は、南部のバーべーキュー料理が有名ですが、私は、スモーク・サーモンとアボガド・トーストを注文しました。

ブラウン・バター・トーストの上に、アボガドとスモーク・サーモンがのり、タヒニとパストラミのドレッシングがかかったサラダが一緒についてきました。

思ったよりもボリュームがあり、でもあっさりとした味で、とても美味しかったです。

軽めのブランチには、お勧めメニューです。

 

f:id:GSNYC:20190506072736j:plain

 

天気の良い日は、食後にハドソン川沿いを眺めながら川沿いの公園をのんびりと散歩することができますが、今日は、雨ということで、レストランでゆっくりとデザートを楽しむことにしました。

 

どれにしようかと迷った結果、濃厚な「チョコレート・シート・ケーキ」を注文。

ブラウニーにチョコレートソースがかかっていたので、チョコレートの濃厚さが味わえました。大きさも確かに南部並み。

 

コーヒーは、お替りが自由にできます。

 

f:id:GSNYC:20190506072753j:plain

 

 

このお店にご興味がある方は、「ブルー・スモーク」のホームページをご覧下さい。

Battery Park City | Blue Smoke

 

「ブルー・スモーク」の周辺には、国立9・11記念館と博物館、ヨット・ハーバー、ロックフェラー公園、ブルック・フィールド・センターなどがあるので、天気の良い日には、食後に観光を楽しめます。

 

 他のグルメも紹介していますので、良かったらご覧ください。

 

www.mrngbreeze.com

www.mrngbreeze.com

www.mrngbreeze.com

www.mrngbreeze.com