Morning Breeze

美容と健康、ニューヨークの情報、気になる情報を発信していきます!

MENU

【ニューヨークのグルメ】ブルックリン・ボタニック・ガーデン近くのステーキハウス

先回のブルックリン・ボタニック・ガーデン(BBG)の訪問に引き続き、ブルックリン偏をお届けします。

 

桜の花見と桜祭りの催しものめぐりで、BBG内を2時間以上歩き回ったあと、とてもくたくたになってしまいました。

 

残りの催し物を見学するのをあきらめ、遅いランチを食べることに決定。

 

ステーキを食べたいと主張する人に皆同意し、BBGから徒歩でいける距離内でステーキハウススマホで探すことになりました。

 

BBGは、ブルックリンのプロスペクト・ハイツとクラウン・ハイツが隣接してところにあり、とりあえず、スマホを頼りに、Washingnton Avenueを北へと歩いて行くことにしました。

 

このあたりは、マンハッタンとは雰囲気が全く違い、人通りがほとんどありませんでした。はっきり言って、ゴーストタウンです。(日曜日の午後だったからでしょうか?)

 

また、閉鎖されたようなお店があちこちに見られ、窓には鉄格子があり、一人では絶対に歩きたくない通りでした。

 

人気のないWashington Avenueに、一軒だけ、人が集まっているCovenhovenというお店を見つけました。疲れていたので、ステーキでなくても良いという話になり、店内にはいりました。ところが、メニューには、Soft Pretzelとチーズのみ。どうもここは、ドラフト・ビールのお店のようでした。

 

ビールだけじゃということで、Covenhovenを出て、また歩くことに。

 

お腹もすいているので、あまり考えずに、とりあえずスマホで見つけたMighty Quinn's Barbequeを目指しました。

 

地図でみると、BBGから10分ぐらいだと思いますが、疲れていたのと、寒かったのが重なり、30分以上歩いたような気がしました。

 

f:id:GSNYC:20190430113445p:plain

 

お店の中に入ると、ここだけ、別世界のように、多くの若者で賑わっていました。

 

ビア・ホールのようで、Mighty Quinn's Barbequeだけでなく、ビールやその他のアルコールのバー・カウンター、ピザ、クレープのようなチャイニーズのストリート・フード、コーヒー・バーが店内に入っていました。

 

住所は、

 

ブルックリンは、スタートアップの企業家の多い地域としても知られています。そのせいか、ビールを片手に、ラップトップを広げて作業をしている人達が多く見られました。

 

f:id:GSNYC:20190430102905j:plain

 

 

お腹がすいていたので、席を確保して、Mighty Quinn's Barbequeのカウンターへ直行。

 

f:id:GSNYC:20190430102838j:plain

 

私が注文したのは、

ブリスケット前股の内側にある肩ばら肉のバーベキュー)

ケールのサラダ(スライスした芽キャベツとかぼちゃの種の酢漬け)

フレンチ・フライ

 

バーベキュー・ソースが甘辛く、ブリスケットとうまくブレンドするので、美味しかったです。

ビア・ホールとはいえ、私が注文した飲み物は、温かいグリーン・ティーでした。

 

www.mightyquinnsbbq.com

 

ブルックリン・ボタニック・ガーデンへ行ったあと、近くで食事をする場合は、Washington Avenueを北に向かい、ブルックリン美術館を過ぎたところで、右へ行くと、Franklin Avenueが、Washington Avenueと平行にあります。

 

Franklin Avenueには、メキシコ料理、ジャメイカ料理、カリビア料理、タイ料理、アジア料理等、様々な料理のレストランが並んでいます。

 

遅いランチが終わったあと、ブルックリン・ボタニック・ガーデンの近くに路上駐車した車に向かって、Franklin Avenueを偶然歩きました。通りが一本違っただけで、街の雰囲気がこんなに違うものだとびっくりです。

 

 

おわりに

普段行かない場所で、新しいレストランを開拓するのは、リスクでもありますが、楽しいですよね。

現在は、スマホがあるので、お店をみつけるのも本当に楽になりました。

 

 

 

www.mrngbreeze.com

www.mrngbreeze.com

www.mrngbreeze.com