Morning Breeze

美容と健康、ニューヨークの情報、気になる情報を発信していきます!

雪の日の対策 ニューヨーク編

おはようございます。

 

午前3時頃から雪が積もり始めるという予報が当たり、

今朝、目をさますと、外は雪景色で真っ白です。

雪、雪、雪、雪、雪。

 

f:id:GSNYC:20190213073213j:plain

 

ニューヨークでは、リスクを考慮して、雪が数センチでも積もると学校はすぐに閉鎖になります。

 

子供達にとっては、嬉しいホリデーです。

 

 会社は、吹雪でも吹かない限り閉鎖にはなりませんので、大人達は、サクサクと雪の上を歩いて通勤です。

 

ニューヨークでは、雪の予報があると、前もって道路に塩が巻かれ、アイス版になるのを防ぎます。

 

今日のように雪が積もっている日には、とても効果があります。

 

問題は、雪があまり積もらず、塩が地面に残った状態の時です。

靴底に塩が着くと、靴底が溶けてくることもあるので、気をつけてください。

よほど丈夫な長靴やブーツでない限り、水が染み込んできます。

過去に、雪が積もらないと予想された日に、雨靴やハイヒールで塩の上を歩き、1日で靴がダメになったことがあります。(ニューヨークには、雪の積もっていても、ハイヒールで歩く女性たちがたまにいます。)

 

最近は、おしゃれな雪用のブーツが沢山販売されているので、雪の日には、無理をせずに、スノーブーツを履くことをお勧めします。

 

道路には、除雪車が頻繁に行き来するので、雪が道路脇にかき分けられ、交通渋滞や事故を防止します。

また、歩道は、ボランティアの人たちが、せっせと、雪をかき分けてくれるので、歩行にも不自由はありません。

ただ、雪が凍らない分、歩道の角に水たまりができるので、雪が止んでも、防水の靴や長靴は必須です。

雪の次の日に気温がかなり上がると、雪が解けてしまい、道路上に水がたまるため、歩くのには、苦労します。

 

雪の日は、雪が道路脇にかき分けられても、白い山なので綺麗です。ただ、数日零下が続くと、溶けずに泥まみれになるので、黒ずんだ山となります。

 

今日は、雪だるまを作るには暖かいようで、午後からみぞれと雨になっています。

 

天気予報だと、今後もまだまだ雪が降るようです。

 

f:id:GSNYC:20190213094855j:plain

 出典:iPhone の天気予報アプリ

 

早く、はーるになあれ。