Morning Breeze

美容と健康、ニューヨークの情報、気になる情報を発信していきます!

寒さに負けずにジョッギングで、思考の転換

おはようございます。

 

日曜日の朝。ニューヨークの気温は零下です。

 

ありがたいことに太陽が出ているので、気分は爽快。

 

時差ぼけを吹っ飛ばすために、ジョッギングに行くことにしました。

 

f:id:GSNYC:20190211091445j:plain

 

室内のヘルスクラブで、トレッドミルの上で走るという選択肢もあったけれど、やはり、自然の太陽の下(寒いですが。)を走る方が、メンタルにも健康な気がしたので、外を走ることに。

それに、時差ぼけを解消するためには、太陽に日差しを浴びながら運動したほうが効果があります。

零下の生活に慣れてくると、0度ぐらいであれば、厚手のコートがなくても、外に出るのが平気になるものですね。

といっても、零下のなかジョッギングをすると肌が痛く感じます。

零下とはいえ、あまりに厚着をし過ぎると、体に負担がかかります。

ヒートテックのインナーに、タートルネックとランニング・スーツを着て、寒さから体を守ります。

走り出すと、体は、自然と暖まってきます。というより、暖めるために、必死で走り続けます。

普段は、スマホは持たずにジョッギングしますが、今日は、ブログのために写真をとることにしました。

 

よく音楽を聴きながらでないと、退屈で走れないと言う人がいます。

私にとって、ジョッギングは、自分の時間が持てる貴重な時間なので、逆に音楽を聴きながらだと集中して走れなくなります。

 

10年ほど前に、ニューヨーク・マラソンを走りました。

初めてのマラソンだったので、New York Road Runners Clubに入会し、本格的に走る練習をしました。

そのときに、音楽なしで走ることの快感を覚えました。

まあ、ランナーズ・ハイとは言えないでしょうが、ちょっとしたジョッギングでも、音楽なしのほうが、集中して走れます。

自然の音を聞きながら走っていると、頭がすっきりしてきて、頭の整理ができます。

ストレスがたまっている時にこそ、自分と向き合うために走ります。

どんなにネガティブな考えが頭を一杯にしていても、走っている間に、思考の転換ができます。

最近は、30分ぐらいしか走らないので、思考の転換をする制限時間は30分。絶対に、時間オーバーしないようにします。

あとは、自然を眺めながら、瞑想するような気持ちで走ります。(瞑想に詳しいわけではないですが、余計なことを考えないようにします。)

今日は風がなかったので、とても走りやすい日でした。

今日ぐらいの寒さは、走るのには丁度よい気温かもしれません。

体が温まってくると気持ちがいいものです。

 

ふと見ると、地面をみると、水たまりはまだ凍ったまま。まだまだ、冬は終わりそうにありません。

 

f:id:GSNYC:20190211091425j:plain