Morning Breeze

美容と健康、ニューヨークの情報、気になる情報を発信していきます!

春のような陽気のニューヨーク。セントラル・パークを散歩。

温暖化のせいか、極度の寒さが続いるニューヨークですが、ここ2日ほど、春のような陽気になり、日中は、摂氏16度という暖かさ

外へ行くと、半袖・半ズボンで歩いている人の姿もありました。

私も、ビタミンDの吸収もかねて、セントラル・パークにお散歩に行くことにしました。

 

セントラル・パークは、ニューヨークのマンハッタンのアッパーウエストとアッパーイーストの間にある公園です。

正確に言うと、東は5番街から西のセントラルパークウエストまでで、上は110番通りのセントラルパークノースから、59番通りのセントラルパークサウスに囲まれた都会のど真ん中の公園です。

 

ニューヨーク市では、五番目に大きな公園で、3.41キロ平方メートルの広さです。

セントラルパークの全体を走っている道路は、一周9.7キロメートルで、多くの人達がジョギングをしたり、自転車に乗ったり、スケートボードをしています。

 

大きな広場もあり、夏になると、無料のコンサートやミュージカルが催されます。公園のなかにいると、都会のど真ん中にいるのを忘れてしまうほど自然が楽しめます。

 

毎年11月の第一日曜日にニューヨークマラソンのゴールは、セントラルパークの西側の有名なレストランであるTavern on the Greenの横です。

 

ちなみに、10年前に、私もニューヨークマラソンにエントリーしましたが、42.195キロ走り、ゴールするときの達成感は言葉には表せないほどでした。(一生に一度のことですが。)今でも、Tavern on the Greenのあたりにくると、懐かしい気持ちになります。

 

 

先週末、暖かいロサンゼルスからニューヨークのケネディ空港に、夜の10時半ごとに着き、外に出た瞬間、零下の寒さで死ぬかと思いました。いつものように、スマホで、Uberを予約し、すぐに車に乗るつもりでしたが、なぜか、私のUberのアカウントにトラブル発生。パニックになりつつも、なんとか解決策を見つけようと必死でした。ただ、極度の寒さに、5分と外にいることができず、仕方なく、イエローキャブで帰宅することになりました。(イエローキャブを待つ列にお客さんが誰もいなくて助かりました。汗。)

 

その極度の寒さの数日後に、こんなに暖かくなるとは誰が想像できたでしょう。(日中の気温差は、30度近くです。)子供達は、コートも着ずに、いつまでもセントラル・パークで遊びまわっています。

 

f:id:GSNYC:20190206095601j:plain

 

少し公園内を散歩をすると、池に氷がまだ張っていました。でも、暖かさで、所々溶けかけているのがわかります。今日は、ビタミンDが吸収できそうで嬉しいな。それに、池の凍りに反射している夕焼けがとても綺麗でした。

 

f:id:GSNYC:20190206095834j:plain

 

セントラル・パークには、冬になると、スケート場が、2箇所設けられます。その一つであるウォルマン・リンクは、セントラル・パークの南側にあり、背景に、コロンバス・サークルに位置する有名なタイム・ワーナー・センターのツイン・タワーも見えます。私が、とても好きな景色でもあります。

 

f:id:GSNYC:20190206101317j:plain

 

ウォルマン・リンクは、ニューヨーク市営のリクリエーション・センターで、1949年に、ケイト・ウォルマンの寄付金によって作られました。10月から4月までは、スケート場として利用され、夏の間は、遊園地となり、ロックやジャズのコンサートも行われました。

1974年に、ウォルマン・リンクのリノベーションの計画が立てられましたが、ニューヨーク市の財政困難で、リノベーションはうまく進まない状況でした。そして、1980年に、ウォルマン・リンクは、閉鎖されることになりました。資金難が続く中で、1978年に、現在の米国大統領で、不動産王としても知られるドナルド・トランプによって、リノベーションが完成しました。この後も、トランプ・オーガニゼーションによって、運営されています。(2021年4月に、契約が切れるようです。)

ウォルマン・リンクは、「ラブストリー」、「ホームアローン2」、「セレンディピティ」の映画でも映されたので、皆さんも一度は映画のなかで見たことがあるのではないでしょうか。