Morning Breeze

美容と健康、ニューヨークの情報、気になる情報を発信していきます!

錦織圭選手の大逆転勝ちに学ぶ。

テニスのグランド・スラム大会である全豪オープンの男子シングルス4回戦で、5時間強の5セットマッチの末、第8シードの錦織選手が、準々決勝へ進み、対戦相手のスペインの第23シードのカレーニョ・ブスタ選手は、この大会を去ることとなりました。

 

どちらも譲ることなく、最後の最後まで、どちらが勝利するかわからない本当にハラハラする対戦でした。しかし、最後には、6−7、4−6、7−6、6−4、7−6のフルセットで、錦織選手が、自身4度目となるベスト8を果たしました。

 

最初の2セットは、カレーニョ・ブスタ選手がやや優勢で、錦織選手は、第1セットと第2セットを落としてしまいました。

 

錦織選手は、これまでにも2セット落とした後に、逆転した勝ちした経験があり、今回も、私たちの期待を裏切りませんでした。

 

第3セットと第4セットは、錦織選手が盛り返し、最終セットでは、

マッチ・ポイントは、サービス・エースと、とても格好いいところを見せてくれました。

 

f:id:GSNYC:20190508104501j:plain

 

 

スコアーから見ても、この日の二人の実力は互角

 

最後に明暗を分けたのは、精神力と忍耐でしょう。

 

第5セット目のタイブレークで、カレーニョ・ブスタ選手が、8−5とリードし、勝利まであと2ポイントというところで、風向きが変わりました。

 

カレーニョ・ブスタ選手がネット際に打った球が「アウト」とコールされましたが、錦織は、ストレートのプレースメントを決めました。

 

錦織が打ったストレート・ショットとは逆サイドに、カレーニョ・ブスタ選手に動いていたが、ボールは、「イン」ではないかとチャレンジしました。

 

ホークアイ・システム(ビデオ判定)の結果、ボールは、「イン」でしたが、主審は、ポイントのやり直しをせずに、錦織選手と得点となりました。

 

おそらく、主審は、「アウト」のコールとは関係なく、錦織選手の打ったボールをブスタ選手が打ちかえせなかったという判断だったようです。

 

ブスタ選手は、ポイントのやり直しを期待していたようだったので、主審の判定に超激怒しました。

 

主審に抗議したカレーニョ・ブスタ選手は、集中力を欠いてしまったようでう、その後続けて5ポイント落とし、錦織選手の勝利となりました。

 

試合後のインタビューで、錦織選手は、「とてもタフな試合で、どのようにして挽回したのかわからなかった。」と言っていました。

 

最初に2セット落とした時には、自分を信じ、落ち着いていこうと集中して試合をしていました

 

5セット目のタイブレークでは、5−8と相手に3ポイント先取されていたにもかかわらず、冷静に、相手のミスを誘うようなプレーをしていたようです。

 

自分が不利な状況になっても、自分の力を信じ、落ち着いてプレーできたことが、今回の勝利につながったようです。

 

それに対し、ブスタ選手は、リードしていたにも関わらず、怒りで、冷静さは完全に失い、自滅してしました。

 

トップ選手と優秀な選手の差は、精神力なのでしょう。

 

試合後、錦織選手のチャンコーチも、涙を浮かべて喜んでいました。

 

アスリートでなくても、日常生活で、どんな状況でも冷静さを失わない精神力を身に付けたいですね。