Morning Breeze

美容と健康、ニューヨークの情報、気になる情報を発信していきます!

MENU

【ニューヨークのグルメ】Smörgås Chef at スカンジナビア・ハウス

 こんにちは。

 

ニューヨークは、メルティング・ポットをいわれるほど、多くの国々の人達が共存している都市です。

 

代表的なのは、125カ国の領事館や駐在所が、ニューヨークにあることです。

 

このほかに、ジャパン・ソサエティーやフレンチ・インスティツート・アライアンス・フランセのように、それぞれの国の文化や芸術を紹介する文化会館もミッドタウンの中心部や東側で見かけます。

 

そのひとつに、北欧諸国の文化や芸術を紹介するアメリカン・スカンジナビア基金によって設立されたスカンジナビア・ハウスが、ミッドタウンの東側にあります。

 

正確には、58 Park Avenue, New York, New Yorkに位置しています。

 

スカンジナビア・ハウスでは、デンマークフィンランドアイスランド、ノーウェイ、スウェーデンスカンジナビア諸国を含む北欧諸国の様々な文化や芸術が紹介されます。

ギャラリーでは、期間限定で、北欧諸国出身の芸術家や写真家の作品が展示されたり、イベントが開催されたります。

地下の講堂では、映画やフィルムが上演されたり、講演会などが行われたります。

 

国連も近いので、国連関係の小さなイベントも行われたりします。

 

国際的なイベントに参加すると、アメリカ人は完全に少数派になり、普段の生活とは全く異なる環境になるので、とてもエキサイトします。

 

私が、スカンジナビア・ハウスに、たまに行く理由は、北欧諸国の文化や芸術を鑑賞するだけではなく、ブランチやランチを楽しむためです。

 

入り口を入ると、すぐに、Smörgås Chefというスカンジナビアの料理のレストランが目に入ります。

 

レストランのインテリアもとてもシンプルで、こじんまりとしていて、どことなく、スカンジナビア・デザインを感じます。

 

レストランの真ん中に、大きな樺の木があり、友達と話しに夢中になっていて、ふと横をみると自然のなかで食事をしているような錯覚に陥りがちです。

 

とても、落ち着いた雰囲気で、リラックスできます。

 

レストランのオーナー兼シェフのソールバーグさんは、ニューヨーク州のアップステートにあるキャッツスキルに150エーカーの広さの農場を所有していて、そこで採れた自家製の新鮮な食材で料理をしてくれます。

 

5年ぐらい前に、ソールバーグさんが、スカンジナビアン・ハウスで、試食会を開き、色々な料理を紹介しながら、食材の話もしてくれました。

 

このレストランでは、冷凍食品は一切扱っておらず、すべての食材が新鮮なうちにお客さんに料理をだすようにしているそうです。

 

週末のブランチで、私がお気に入りのメニューは、スモークサーモンの上にポーチエッグがのったノーウィジアン・ベネディクトです。

 

f:id:GSNYC:20190515114234j:plain

 

 ポーチエッグの上のクリーム・ソースが濃厚な味わいで、スモーク・サーモンと一緒に食べると口の中でとろけます。

とても美味しいです。

 

ベネディクトが好きな方には、お勧めです。

 

www.smorgas.com

 

そのほかにも、ニューヨークのグルメを紹介していますので、良かったらご覧下さい。

 

www.mrngbreeze.com

 

www.mrngbreeze.com

 

www.mrngbreeze.com

 

www.mrngbreeze.com

 

 

 

 

 

スペイン語を楽しく学ぼう。

 こんにちは。

 

最近、スペイン語を習い始めましたので、どのように学んでいるかをご紹介します。

 

f:id:GSNYC:20190509134053j:plain

 

 

といっても、教室に通っているわけでもなければ、教材があるわけでもありません。

 

私の先生は、CVSという薬局で働くメキシコ系アメリカ人の店員さんです。

 

CVSは、「マツモトキヨシ」のように、医薬品以外にも、食品、日用品、雑誌などを販売しているコンビ二のようなお店です。

 

 

f:id:GSNYC:20190509230646j:plain

 

 

 お店にはいると、

 

 

Hola! ¿ Cómo estás usted?  (こんにちは、元気?)

 

Estoy bien, gracias. ¿y usted?  (元気よ。 あなたは?)

 

 

という調子で、簡単な会話を始めます。

 

ニューヨークには、スペイン語を話す人達が、全人口の25%を占めていると言われています。

 

なので、ニューヨークの色々な場所で、スペイン語を話す機会を気軽に見つけることができます。

 

言葉は、記憶するだけではなく、実際に使わないと自分の身になりませんよね。

 

習ったフレーズや単語を繰り返し使うことで、自分の言葉として、様々な場面で応用できるようになります。

 

今のところ、文法は、一切気にしません。

 

と言っても、英語やフランス語を知っていると、語源が似ているので、日本語から習うよりは、文法をあまり意識しなくても、スペイン語を習得しやすいというメリットがあります。

 

発音は、スペイン語も日本語も母音が同じなので、日本語ができるとスペイン語の発音は簡単です。

 

スペイン語は、英語と違って、ローマ字読みでも通じます。

 

とりあえず、使って、慣れることです。

 

例えば、ある商品をスペイン語で何と言ってよいかわからないときには、

 

¿Cómo se dice en español?(これは、スペイン語で何と言うの?)

 

と質問をすると、

 

Pasta de dientes  (歯磨き粉)

 

のように教えてくれます。

 

お客さんが他にいないときには、前回に習った単語やフレーズの復習もしてくれます。

 

本当に親切な店員さんです。

 

お会計をするときに、通常、CVSカードを見せるのですが、私は、カードを紛失してしまったため、登録している電話番号で、私のアカウントにアクセスしてもらいます。

 

アカウントに、買い物履歴が記録され、ディスカウントのクーポンや現金同様のクーポンがたまにもらえるので、記録の登録は重要です。

 

 

¿Cuál es tu número de teléfono? (電話番号は何?)

 

Dos Uno Dos Cinco Nueve Sies OOOO (212-596-OOOO)

 

 

そして、最後に、

 

Hasta pronto (じゃあ、また近いうちに。)

 

Adios (さようなら)

 

 

習った単語やフレーズは、忘れないように、帰宅途中や自宅で復習します(少しだけですが、汗。)

 

時には、インターネットや動画で、他のフレーズを習ったりもしますが、あまり時間はかけません。

 

スペイン語が母国語の友達もいるので、たまに簡単な会話をスペイン語でしたりしますが、まだまだ、私の語彙力が足りないので、友達との会話は英語が主です。そのうちに、スペイン語中心に会話ができるようになりたいですね。

 

あとは、レストランやリーテールのお店で働いているラテン系の人を見かけると、スペイン語で話かけたりしています。

 

今のところ、スペイン語がとくに必要な状況ではありません。

 

でも、新しい言語を習うと、新しい考え方を学ぶことができます

 

言語が作られた背景には、それぞれの異なった文化や歴史があるので、表現の仕方が変わってきますし、視野も広がります。

 

ニューヨークには、スペイン語が練習できる環境があちらこちらにあるので、まあプレッシャーもなく、楽しく学んでいます

 

 

 

 

 

 

 

高所恐怖症?だけど、Vesselからの眺めは素晴らしい。

こんにちは。

 

以前に、ニューヨークの新しい再開発エリア、ハドソン・ヤードに行ったことをブログしましたが、そのときに触れた巨大彫刻、「Vessel」の頂点まで登る機会があったので、その体験をご紹介します。

 

まだ読まれていない方は、こちらも是非読んでみてくださいね。

 

 

www.mrngbreeze.com

 

 

 

Vesselの特徴

 

Vesselは、ハドソン・ヤードのなかでも最も話題になっている建築物のひとつです。

 

外から見ると、松ぼっくりのような形ですが、ハドソン・ヤードの再開発プロジェクトを率いている会社「Related Companies」のCEOであるStephen Rossは、クリスマスツリーが12ヶ月あるように、年がら年中、注目を浴びるユニークなデザインにしたかったということです。

Vesselの底となる部分の幅は15メートルで、高さが46メートルです。16階建てで、中にはいると、80の踊り場が154の階段で繋がっています。階段の合計ステップが2500段で、階段を横に伸ばすと1.6キロ程の長さになるそうです。

Vesselには、一度に1000人が登れるそうです。

Vesselのなかには、 Americans with Disabilities Act of 1990の規則に沿って、 エレベーターも設置されています。

 

f:id:GSNYC:20190508113443j:plain

 

Vesselをデザインしたのは、英国人のThomas Heatherwickさんで、建設総額は、約200億円だそうです。Vesselという名前は、仮の名前で、現在名前を一般募集しています。

Heatherwickさんは、訪れた人達が、彫刻の中に入り、最上階まで登れるジャングル・ジムのような遊び場を想定してデザインしたそうです。

 

 

Vesselの入場チケットはどのようにして手に入れるの?

 

 

Vesselに登るのは無料ですが、チケットを入手する必要があります。方法は2通り。

  • 前予約をするには、2週間前にオンライン予約が必要です。毎日午前8時に、2週間先の新たな日の予約が可能になります。

    tickets.hudsonyardsnewyork.com

  • 当日チケットは、毎朝午前9時半からハドソン・ヤードのVesselの入り口近くで配布されます。当日チケットがほしい方は、Vesselの入り口にいるスタッフに、当日チケットが入手可能か聞いてみましょう。

時間帯で、人数制限をしているので、すぐには、Vesselに入れないかもしれませんが、例えば、1時間後の時間帯のチケットを入手した場合は、目の前のショッピング・センターのレストランやコーヒー店で、くつろぎなから待ちましょう。

午前10時から夜9時まで、Vesselはオープンしています。

 

 

高所恐怖症の方はお気をつけて。体験談

 

私たちは、チケットを入手して1時間半ほどレストランでくつろいだあと、Vesselへ入りました。

 

入り口を入ると、階段でVesselの底の部分へ降ります。底から上を見上げると、空と高層ビルの一部が見えました。ちょっと曇りだったので、ブルースカイや見られませんでした。

 

 

f:id:GSNYC:20190508113500j:plain
f:id:GSNYC:20190508113431j:plain

 

 

階段は滑らかで、階段を登っては、踊り場となり、またひたすら階段を登ります。

登る方向は、決まっていないので、同じ景色を見ながら、上へ上へと登ることもできるし、360度回りながら、上へ登って行くこともできます。

私は、ハドソン川と空の景色が一番好き

 

5階ぐらいに登ったところで、下をみると、底の建築デザインが良く見えます。

 

f:id:GSNYC:20190508113528j:plain

 

周りの景色を見ながらゆっくりと階段を登っていくと、ハドソンヤードの高層ビルや周辺の様子が見えてとても楽しいです。

 

最上階近くなると、景色もとてもきれいで、Vesselの構造がとても良く見えます。

 

f:id:GSNYC:20190508113412j:plain

 

しかも、夕方だったので、ハドソン川の上に夕日がとてもきれい。

 

f:id:GSNYC:20190508113400j:plain

 

ところが、最上階近くまで登って、Vesselの底を見ると、あまりの高さに、怖くて足がすくんでしまいました。

もしかしたら、私って、高所恐怖症

 

f:id:GSNYC:20190508113339j:plain

 

ガラスの柵はありますが、最上階では、柵に近寄ることができませんでした。

ガラス越しに見るのも恐ろしくて。

階段と踊り場の幅は、4メートルぐらいだったと思いますが、降りるときには、景色を楽しむどころか、階段のど真ん中を降り、下を見ないようにしていました。

本当に怖かった

エレベーターが設置されている理由がわかりました。

エレベーターで降りている人達も確かにいました。

 

 

最後に

 

Vesselの最上階は、怖かったという記憶が今でも残っていますが、一度は登ってみる価値があります

ニューヨークには、高層ビルが多いので、上階から素晴らしい景色を見ることはあります。でも、Vesselからの景色は、目でみるだけでなく、肌で感じる景色でした。

展望台というよりも、なにか乗り物になった気分でした。

デザイナーのHeatherwickさんの意図したとおりの彫刻だとつくづく感じます。

 

 

 

 

 

 

【ニューヨークのグルメ】バッテリー・パークのブルー・スモークでブランチ

 こんにちは。

 

今日のニューヨークは、雨、雨、雨

 

マンハッタンの先っぽの西側にあるバッテリー・パークというエリアにあるブルー・スモークで、ブランチをしました。

 

f:id:GSNYC:20190506080326p:plain

 

2001年9月11日にワールド・トレード・センターが崩壊した後に、ハドソン川沿いのバッテリー・パークの周辺はかなり発展し、今では、マンションやオフィスビル、ショッピングセンター、映画館などで賑わっています。

 

リーガル・シネマという映画館の横に、「ブルー・スモーク」という南部のバーベキューの味が楽しめるニューヨーク市オリジナルのレストランがあります。

 

シェフのJean-Paul Bourgeoisさんは、ルイジアナ州出身で、南部の味をもとにニューヨークの特徴を出すメニューを提供しています。

 

「ブルー・スモーク」は、ニューヨークのJFK空港のターミナル4とメッツのホーム球場である「シティ・フィールド」にも入っているので、姉妹レストランに立ち寄られた方もいるのではないでしょうか。

 

バッテリー・パークの周辺は、金融街でもあるので、平日は、ビジネスマンやビジネスウーマンで混雑していますが、週末は、マンションの住人や観光客で賑わっています。

 

「ブルー・スモーク」も、週末にも関わらず、ブランチの時間帯は、ほぼ全席埋まっていました。家族でブランチを楽しんでいる人達も多かったです。

 

「ブルー・スモーク」は、南部のバーべーキュー料理が有名ですが、私は、スモーク・サーモンとアボガド・トーストを注文しました。

ブラウン・バター・トーストの上に、アボガドとスモーク・サーモンがのり、タヒニとパストラミのドレッシングがかかったサラダが一緒についてきました。

思ったよりもボリュームがあり、でもあっさりとした味で、とても美味しかったです。

軽めのブランチには、お勧めメニューです。

 

f:id:GSNYC:20190506072736j:plain

 

天気の良い日は、食後にハドソン川沿いを眺めながら川沿いの公園をのんびりと散歩することができますが、今日は、雨ということで、レストランでゆっくりとデザートを楽しむことにしました。

 

どれにしようかと迷った結果、濃厚な「チョコレート・シート・ケーキ」を注文。

ブラウニーにチョコレートソースがかかっていたので、チョコレートの濃厚さが味わえました。大きさも確かに南部並み。

 

コーヒーは、お替りが自由にできます。

 

f:id:GSNYC:20190506072753j:plain

 

 

このお店にご興味がある方は、「ブルー・スモーク」のホームページをご覧下さい。

Battery Park City | Blue Smoke

 

「ブルー・スモーク」の周辺には、国立9・11記念館と博物館、ヨット・ハーバー、ロックフェラー公園、ブルック・フィールド・センターなどがあるので、天気の良い日には、食後に観光を楽しめます。

 

 他のグルメも紹介していますので、良かったらご覧ください。

 

www.mrngbreeze.com

www.mrngbreeze.com

www.mrngbreeze.com

www.mrngbreeze.com

 


 

健康に必要な栄養素は、100% Pure Love(100%の真実の愛)。

こんにちは。

 

先日、友人に誘われ、体の免疫力を高める食生活のワークショップに行ってきました。

 

講師の先生は、キャサリーンというブロンドの綺麗な女性で、大学生の頃からライム病に悩まされていたそうです。

 

抗生物質の副作用で、皮膚が極度に乾燥したため、薬以外の解決策を常に探していたそうです。

 

様々な方法を試した結果、健康な食生活を中心に、体内から毒素や老廃物を排出することで、体質改善することができたそうです。

 

ワークショックは、基本的には、デトックをするための食生活の説明でした。その中で、Kombuchaをサプルメントとして飲むというのにとても興味を持ちました。

 

昆布茶?

 

確かに、日本で知られる昆布茶は、健康によさそうですが、デトックスに使われているとは聞いたことがなかったので、調べてみることにしました。

 

デトックスって、本当に体によいの?

 

人の体内には、肝臓や腎臓のように自然に毒素や老廃物を外に排出する働き機能があります。ただ、現代の社会生活では、ストレスや暴飲暴食などで、体の自然な機能だけでは、毒素や老廃物が排出できない場合もあると考えられています。そのために、食生活の一部にデトックス効果のある食べ物を食べるとか、サプルメントと取ることが体によいとされています。

医学的にも、患者さんの病状によって、薬や透析で、体内の老廃物や毒素を排出させ、健康な体へと回復させていきます。

ただ、体から完全に毒素や老廃物を排出することができるという科学的な証明はないとのことです。

 

それでは、デトックスのメリットはなんでしょう。

  •  気力を高める。体に毒素が溜まっていると、気分的にもダウンしてしまうことがありますが、デトックスをすることで、一日を快適に過ごすことができます。
  • 消化を助け、新陳代謝を高める。体から老廃物や毒素を排出することで、規則正しい食生活ができ、新陳代謝を高めてくれます。そのために、無理のない減量効果があります。
  • デトックスをするにはバランスのとれた食生活が欠かせません体に必要な栄養素を満たした食生活をすることで、体内の炎症を抑えることができ、健康な体作りをすることができます
  • 肌につやとハリがでてきます。体内から毒素や老廃物が排出されることで、肌の状態も改善していき、若々しい素肌を維持することができます。
  • デトックスをすることで、消化機能やリンパの機能が改善し、体の免疫力を高めてくれます。
  • 体内の毒素や老廃物が排出されると、精神面の安定にも繋がるので、十分な睡眠がとれ、頭もスッキリとします。

 

Kombuchaってデトックス効果があるの?

 

ワークショップで、参加者の一人の女性が、Trader Joe's (全米で展開しているスーパーです。)のKombuchaが美味しくて、効果があるといっていたので、まずは、Trader Joe's のKombuchaの中身を調べてみることにしました。

 

レベルを良く読んでみると、これは、日本人の知っている「昆布茶」ではなく、お茶を発酵させて作る発酵ドリンクのようです。

 

そういえば、昔、日本で、「紅茶きのこ」って、流行っていませんでしたか。(飲んだことはないですが。)

 

GT’S Kombucha

私が気に入ったのは、GT's Kombuchaです。何も考えずに、ジンジャーエイド味を買ってしまいましたが、このほかにも、ハイビスカス・ジンジャー、レモネード、モルタイ・グリーン等10種類あります。どのフレーバーも基本的な成分は同じです。

 

私は、もともと炭酸飲料はあまり飲まないですが、このKombuchaは、の甘みを抑えたジンジャエールのような味です。

 

効果としては、体のシステムをきれいにし、整える働きがあるようです。

 

f:id:GSNYC:20190504100416j:plain


 

 GT's Kombuchaの主な成分をみてみると、

100%の真実の愛の入った飲み物?

 

f:id:GSNYC:20190505120145j:plain

 

 

GT’S Kombuchaの製造者のGT Daveは、1990年代初めに、ヒマラヤから発酵素をもらい、それを使って、独自のKombuchaを作ったそうです。

彼のお母さんが、乳がんになったときに、自家製で作ったKombuchaのお蔭で、乳がんが治ったので、そのヒーリング・パワーを全世界に広めることにしたそうです。

 

お母さんの病気を治したということで、愛情がたっぷりと含まれた飲み物に仕上がったのかも。

 

 

 

 Brew Dr Kombucha

 

Brew Dr. Kombuchaのほうは、クリアー・マインドのフレーバーを購入しましたが、アップリフト、シトラス・ホップス、ジンジャー・ターマリック、ラブ等の12種類のフレーバーがあります。

 

こちらも、発酵したお茶から作られた発酵ドリンクで、日本で知られる「昆布茶」は全く含まれていません。

 

少し酸味のある炭酸飲料という感じです。

 

 

f:id:GSNYC:20190504095607j:plain

 

 Brew Dr. Kombuchaのクリアー・マインド・フレーバーの成分は、

 

こちらの成分には、愛情は明記されていませんが、Loveというフレーバーを選ぶことができます。

 

Brew Dr. Kombuchaのクリアー・マインド・フレーバーは、頭の働きを良くし、気力を高めてくれる働きがあるそうです。

 

 

 まとめ

最近は、数多くの健康飲料が販売されて、競争も激しいですよね。

マーケティング戦略として、フレーバーの名前やパッケージも人の気を引くようなイメージにしているので、店頭でカラフルなボトルを見るのは楽しいです。

ただ、炭酸飲料も発酵ドリンクも普段飲まない私にとっては、長期のみ続けるのは無理そうです。

健康に良さそうな成分は含まれていますが、サプルメントと同じで、継続して飲まないと効果はみられないですよね。

 

 



 



 

 

 

 

【ニューヨークのグルメ】ブルックリン・ボタニック・ガーデン近くのステーキハウス

先回のブルックリン・ボタニック・ガーデン(BBG)の訪問に引き続き、ブルックリン偏をお届けします。

 

桜の花見と桜祭りの催しものめぐりで、BBG内を2時間以上歩き回ったあと、とてもくたくたになってしまいました。

 

残りの催し物を見学するのをあきらめ、遅いランチを食べることに決定。

 

ステーキを食べたいと主張する人に皆同意し、BBGから徒歩でいける距離内でステーキハウススマホで探すことになりました。

 

BBGは、ブルックリンのプロスペクト・ハイツとクラウン・ハイツが隣接してところにあり、とりあえず、スマホを頼りに、Washingnton Avenueを北へと歩いて行くことにしました。

 

このあたりは、マンハッタンとは雰囲気が全く違い、人通りがほとんどありませんでした。はっきり言って、ゴーストタウンです。(日曜日の午後だったからでしょうか?)

 

また、閉鎖されたようなお店があちこちに見られ、窓には鉄格子があり、一人では絶対に歩きたくない通りでした。

 

人気のないWashington Avenueに、一軒だけ、人が集まっているCovenhovenというお店を見つけました。疲れていたので、ステーキでなくても良いという話になり、店内にはいりました。ところが、メニューには、Soft Pretzelとチーズのみ。どうもここは、ドラフト・ビールのお店のようでした。

 

ビールだけじゃということで、Covenhovenを出て、また歩くことに。

 

お腹もすいているので、あまり考えずに、とりあえずスマホで見つけたMighty Quinn's Barbequeを目指しました。

 

地図でみると、BBGから10分ぐらいだと思いますが、疲れていたのと、寒かったのが重なり、30分以上歩いたような気がしました。

 

f:id:GSNYC:20190430113445p:plain

 

お店の中に入ると、ここだけ、別世界のように、多くの若者で賑わっていました。

 

ビア・ホールのようで、Mighty Quinn's Barbequeだけでなく、ビールやその他のアルコールのバー・カウンター、ピザ、クレープのようなチャイニーズのストリート・フード、コーヒー・バーが店内に入っていました。

 

住所は、

 

ブルックリンは、スタートアップの企業家の多い地域としても知られています。そのせいか、ビールを片手に、ラップトップを広げて作業をしている人達が多く見られました。

 

f:id:GSNYC:20190430102905j:plain

 

 

お腹がすいていたので、席を確保して、Mighty Quinn's Barbequeのカウンターへ直行。

 

f:id:GSNYC:20190430102838j:plain

 

私が注文したのは、

ブリスケット前股の内側にある肩ばら肉のバーベキュー)

ケールのサラダ(スライスした芽キャベツとかぼちゃの種の酢漬け)

フレンチ・フライ

 

バーベキュー・ソースが甘辛く、ブリスケットとうまくブレンドするので、美味しかったです。

ビア・ホールとはいえ、私が注文した飲み物は、温かいグリーン・ティーでした。

 

www.mightyquinnsbbq.com

 

ブルックリン・ボタニック・ガーデンへ行ったあと、近くで食事をする場合は、Washington Avenueを北に向かい、ブルックリン美術館を過ぎたところで、右へ行くと、Franklin Avenueが、Washington Avenueと平行にあります。

 

Franklin Avenueには、メキシコ料理、ジャメイカ料理、カリビア料理、タイ料理、アジア料理等、様々な料理のレストランが並んでいます。

 

遅いランチが終わったあと、ブルックリン・ボタニック・ガーデンの近くに路上駐車した車に向かって、Franklin Avenueを偶然歩きました。通りが一本違っただけで、街の雰囲気がこんなに違うものだとびっくりです。

 

 

おわりに

普段行かない場所で、新しいレストランを開拓するのは、リスクでもありますが、楽しいですよね。

現在は、スマホがあるので、お店をみつけるのも本当に楽になりました。

 

 

 

www.mrngbreeze.com

www.mrngbreeze.com

www.mrngbreeze.com

 

 

 

 

 

 

 

ブルックリン・ボタニック・ガーデンで、楽しい桜祭り。

こんにちは。

 

4月に入り、ニューヨークでも桜が開花し、今が一番見ごろの季節となっています。

 

4月27日(土)と28日(日)の週末には、ニューヨーク市のブルックリンにあるブリックリン・ボタニック・ガーデン(BBG)、毎年恒例の桜祭りが行われました。

 

この2日間、桜の花見だけではなく、BBG内では、太鼓のパフォーマンス、歌舞伎舞踊、ゲーム、ティー・セレモニー、折り紙のギャラにー等の日本の文化を楽しむことができました。

 

 

 

f:id:GSNYC:20190429120214j:plain

                        Cherry Esplanade 

 

ブルックリン・ボタニック・ガーデン(BBG)とは?

 

BBGは、ニューヨーク市のブルックリン地区にある植物園です。1910年に設立され、マウント・プロスペクト・パーク内にあり、ブルックリン美術館に隣接しています。52エーカーの広大な庭園内には、数多くの独特の庭園があり、14,000以上もの種類の植物が管理されていて、毎年90万以上の人が訪れます

Brooklyn Botanic Garden - Brooklyn Botanic Garden

 

BBGは会員制で、メンバーは、年間を通して、庭園の見学や一般に公開しているイベントは無料です。

旅行者の方など、メンバーにはなりたくないが、BBGを見学したい方は、下記の時間帯であれば無料だそうです。

 

  • 12月から2月の平日、火曜日から金曜日
  • 3月から11月の金曜日の午前中

また、ニューヨークやブルックリンの図書館のカードを持っていると、数に限りがあるが、その日の入園パスを無料でもらえるとのことです。

 

桜の木

BBGで管理されている植物の中には、アジアから来た桜が42種類もあり、桜の木は200本以上あるそうです。日本以外で、一番多く桜の花見がされている場所とも言えます。

BBGにある桜の種類を知りたい方は、こちらをリンクからどうぞ。

Flowering Cherry Collection - Brooklyn Botanic Garden

 

f:id:GSNYC:20190430045540j:plain

 

最初に桜の木が植えられたのは、第二次大戦後で、日本政府からの寄付によるものだそうです。日本と同じく、毎年3月下旬から5月始めにかけて桜が楽しめる季節で、「Cherry Esplanade」では、桜の花見が行われます。桜が満開になる4月下旬の週末に、毎年桜祭りが催されます。今年は、4月27日と28日でした。天気の良い日には、BBGのゲストの方々は、「Cherry Esplanade」の桜の木の下の芝生に座り、花見を楽しむことができます。

BBGの庭園内のあちらこちらで、桜の花が見られますが、「Cherry Esplanade」、「Cherry Walk」、「Japanese Hill-and-Pond Garden」に桜の木が集中しているので、桜の花見をするには最高の場所です。

ピンクの花の下を歩くのって、なんか心がウキウキしていまいました。

 

f:id:GSNYC:20190429120141j:plain

        Cherry Walk

 

 

Japanese Hill-and-Pond Garden

Japanese Hill-and-Pond Garden」は、米国で最初に作られた市営の日本庭園です。BBGの初期の後援者であるアルフレッド・トレッドウェイの寄付により、1914年から1915年に掛けて、日本人の造園家である塩田武雄氏のデザインで建設され、1915年に一般に公開されました。

 

この日本庭園は、伝統的な丘と池の庭園と近代的な散歩道のある庭園を融合したスタイルになっています。約3ケーカーの日本庭園のなかには、丘、池、滝、小島が人工的にデザインされて、池には、何百匹もの鯉が泳いでいて、訪問者を楽しませてくれます。

建築様式の特徴として、日本庭園を象徴する木造の橋、石灯籠、展望台、鳥居、神社が設けられています。

2000年に改築されましたが、New York Landmark Conservancyから2001年の文化財として認められました。

 

f:id:GSNYC:20190429215345j:plain

              Japanese Hill-and-Pond Garden

 

桜祭り

4月27日(土)と28日(日)にBBGで桜祭りが行われました。

私たちは、28日に行きましたが、幸いなことに雨の予報にも関わらず、お昼過ぎには、太陽も顔をだし、桜の花見と日本文化の催し物を楽しむことができました。

花祭りは、特別のイベントですので、BBGのメンバーは無料ですが、オンラインで登録する必要があります。メンバーではない人達は、オンラインで事前にチケットを購入する必要があります。大人30ドル、子供25ドルです。

まだまだ、桜の季節は続きそうですので、桜の花見を楽しむのであれば、今からでも遅くありません。もし無料で見学を希望するのであれば、上記の時間帯に訪問してみてください。

 

Cherry Walkを歩いていくと、右手に、Cherry Esplanadeがあり、桜まつりのエンターテインメント用のステージが設けられていました。

日曜日の最初のパフォーマンスは、ブルックリンを拠点に活動しているTaiko Masalaでした。とても、元気のある太鼓のパフォーマンスで、多くの観客がその場に釘付けになっていました。ご興味のある方は、ホームページをクリックしてみてください。

Home — Taiko Masala

 

 

f:id:GSNYC:20190429120200j:plain

             Taiko Masala

 

そこから、桜の花を眺めながら2,3分歩くと、Artist Villageがあり、日本人の芸術家の方々の絵画、陶磁器、Tシャツが販売されていました。また、Japanese Market Placeでは、チョコレート、和菓子、こけしやその他の小物の販売をしていました。

 

販売テントの先に行くと、J-LOUNGE Stageというのがあり、そこでは、マジシャン、ダンスパーティ、ゲーム、歌のパフォーマンスが披露されていました。

 

f:id:GSNYC:20190429132942j:plain

              桜祭りのマップ

 

今では、アニメも日本の文化の代表のひとつになっているので、コスチューム姿の若者たちを、J-Loungeのステージ前や庭園でちらほら見かけました。(何のコスチュームかは、全く不明でしたが。)

 

f:id:GSNYC:20190430045430j:plain
f:id:GSNYC:20190430045414j:plain

 

 


雨は降りませんでしたが、気温は13度ぐらいだったので、庭園内をしばらく歩いていると結構体が冷えてきました。パフォーマーには悪いですが、早めに、室内へのイベントへ移動することに。

Auditoriumでは、ティー・セレモニーのデモンストレーションがあったので、45分ほどそこで休憩しながら、お茶の作法を学ぶことに。ティー・セレモニーの体験もしたかったのですが、子供達が優先ということで、大人は見学のみとなりましたが、MCさんの説明が面白く、楽しく宗偏流のお茶の作法を学ぶことができました。

Auditoriumは、興味のあるお客さんで満席でした。過去に、デモンストレーションをみて、お茶の作法に興味を持ち、生徒さんとして宗偏流へ入門した人も少なくないとのことです。

 

f:id:GSNYC:20190430030623j:plain

 

f:id:GSNYC:20190430030645j:plain


桜祭りのすべての催し物を見ることはできませんでしたが、他にも、折り紙の作品の展示やデモンストレーション、お琴の演奏、お神輿、合気道、お習字、カルタ、盆栽、将棋、碁など多くの日本文化の紹介があったようです。

 

おわりに

ニューヨークでは、セントラル・パークや街のあちこちで、春には桜の花を見ることができますが、桜の種類や数に関しては、BBGの桜には敵いません。

 

しかも、桜の花の色が、濃いピンクなので、Cherry Walkを歩いていると、心がパッと明るくなりました。

 

普段の生活に追われているとあまり日本の文化に触れることがありませんが、日本には、独特の伝統や文化が多くあるのを思い出させてくれました。

 

お茶の作法では、相手(客)を思いやる心への深さを学ぶことができ、おもてなしの心得は、普段の生活にも取り入れることができますね。

 

今後は、もっと日本の文化や伝統を意識して生活していきたいと思います。